【広告・PR】当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、チンタラ澤井です。
資産運用ログを更新します。

記事作成日2023/3/1
投資経験2020/10~

※投資判断は自己責任です。
・当ブログを参照し、損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断・自己責任でお願い致します。

1.つみたてNISA 運用益

つみたてNISA開始時期 2020/10
積立銘柄:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

tumini202302

2023年1月の米国消費者物価指数(CPI) 前年比+6.4%
S&P500は年初来+6.18%と好調だった先月と比べ、2月は-2.61%と軟調に終わりました。

2月は例年軟調な月であり、アノマリー通りではあります。

2.iDeCo 運用益

iDeCo開始時期 2022/7
積立銘柄:楽天・全米株式・インデックスファンド(VTI)

ideco202302

3.ポートフォリオ紹介

現在のポートフォリオ
コアサテライトPF(コア=VTI)

202302

先月にフツナスから買い替えたレバナスは失速しましたが、買い替え後のリターンはまだプラスです(+9.16%)

インフレ鎮静化により年末にかけては利下げに転じると思うのですが、短期での予想は困難ですので、今年は積立を続けます。

4.新NISAの購入方針

2024年から新NISAが始まります。まだ各証券会社のシステムがどうなるかわかりませんが、案の1つとしてこのように考えています。

特定口座の株はそのまま保有し、新NISAでは毎月30万円、年間で360万円を積み立てる!

この方法ですと、特定→新NISA買い替え時のタイムラグが減ります。キャッシュが足りなくなった時のみ特定を売ります。


ところで、「2024年の新NISA開始に備え、今からキャッシュを多めに持っていた方がいいか?」という方は、新NISA開始後に狼狽売りしてしまうでしょう。

市場に居て、経験を始めるべきと思います。


5.今後の投資方針

インフレの着地具合により、今年も後半頃までは株価が上下し続ける想定です。。

毎回同じ結論ですが、今後も積立を継続します。


スポンサードリンク

楽天証券の紹介です。以下のメリットを実感しています。

1.獲得しやすい楽天ポイントを投信購入へ使える
2.楽天キャッシュを投信積立へ使える

ファミペイやWAONを経由して楽天ギフトカードを購入する事で、還元率1%以上での投信積立が可能です。※
※楽天キャッシュでの積立可能額は~5万円/月です。
※楽天ギフトカード購入時の条件をご確認下さい。